エレコム、「ウイルス監視機能」「パスワードロック機能」付きセキュリティ対策USBメモリーを発売

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、USBメモリ使用時のウイルス感染を防止するトレンドマイクロ社製の「ウイルス監視機能」と「パスワードロック機能」に加え、AES256bitでのデータ暗号化機能を搭載したUSBメモリ 2シリーズと、更新ライセンスパックを1月下旬より順次新発売いたします。また、あわせてグループ企業であるハギワラソリューションズ株式会社からも、ウイルス対策ソフトがインストールされたモデルなど、USBメモリ65製品を新発売。

「MF-PUVTAシリーズ」「MF-PUVTMシリーズ」は、USBメモリ内にトレンドマイクロの「Trend Micro USB Security 2.0」を搭載し、UBSメモリへのデータ書き込み時に自動的にウイルスチェックを実行する機能を備える。

また、データ書き込み時に自動的にAES256bitの暗号化を行って保存する機能を搭載。付属のソフトにより、パスワードによるデータへのアクセス制限が可能なパスワードロック機能も備える。

【関連記事】
バッファロー、ハードウェア暗号化とウイルスチェック機能付きのUSBメモリーを発売

PCのウイルスを根こそぎ削除する方法

コンピュータウイルス(ウイルス)の機能や感染した場合の復旧手法などを網羅した一冊。ウイルスに関する知識レベルに合わせて、読者が読み進めやすいように構成されている。政府や大手企業のシステムがウイルスで攻撃を受ける事件が続いており、改めてウイルス対策の必要性に注目が集まっている。本書は、対策のためにまず何をすべきかを教えてくれる。

PCのウイルスを根こそぎ削除する方法――コンピュータウイルス(マルウェア)は、あなたのお金と情報を狙っている! (Software Design plus)

 著者:本城 信輔
 発売元:技術評論社

バッファロー、ハードウェア暗号化とウイルスチェック機能付きのUSBメモリーを発売

バッファローは、紛失時や盗難時にデータの漏洩を防ぐハードウェア暗号化機能を搭載し、さらにウイルスチェック機能の3年ライセンスが付与されたセキュリティーUSBメモリー2シリーズをラインナップ。発売は12月中旬を予定。

保存するデータがハードウェアによりAES256bit方式で強制的に暗号化する機能を搭載。暗号化を手動で行う必要がなく、暗号化処理を忘れてしまう心配がなくなる。また、Autorun機能に対応し、パスワード認証を自動起動させることができる。「RUF2-HSC-TVA3シリーズ」の場合は、「SecureLock Manager」を自動起動させる設定も可能。

「ウイルス感染による情報流出」を防ぐウイルスチェックソフトウェア「Trend Micro USB Security 2.0」を搭載、ウイルスチェックパターンファイル更新ライセンスは標準で3年間が付属。4年目以降は有償でライセンス更新ができる。

容量は2GBから64GBまで、価格は2GBで9500円(税別)から。

追記:1/14時点、AMAZONでは7,900円ほどになっています。

BUFFALO ウィルスチェック機能搭載 セキュリティー USBメモリー 2GB RUF2-HSCL2GTV3